本文へスキップ

津軽三味線教室(つとむ会)HPは、地域密着型の気楽で楽しい教室です・・。

電話でのお問い合わせはTEL.090-2424-6900

コンセプトconcept   自己紹介

自己紹介

幼年時代

店内イメージ民謡の宝庫、出羽の国、秋田に生まれ、秋田富士(鳥海山)を眺めながら、近くを流れる高瀬川で魚を取ったり、春から秋まで山菜を採ったりという日々を過ごしていました。少年の頃は、民謡の方が歌謡曲よりも遥かに多かった時代でした。祭りで無なくても、東北民謡等が来ました・・当時は娯楽が少なくて楽しみでした。先祖が歌舞伎役者でしたので、そうした関係の方や、兄達の唄や、太棹の音に刺激されていました。宿屋の無い小さな集落でしたし、先祖が芸好きだった事もあり、我が家は旅芸人の宿となる事も少なくなかったようです。後世に名を残した方も多く、歌舞伎界の人や、東北民謡の人々、津軽三味線の大御所と言われた人達が若かりし頃、神社のお祭りや、地域のイベント等に来ては、良く泊まっては、夜通し芸の話だったと・・・母や親戚の叔父さんから聞かされました。

洋楽器に興味を持ったものでした・・

自分の家には三味線もあり、秋田民謡の多い中・・県南地区にしては津軽民謡に興味を持ったのは、やはり先祖が芸好きだった事もあったからでしょう。東京へ来てからは、ギター・アコーデイオンを習い、弟のピアノと一緒に、ボランティアをしました。しかし、当時、歌謡曲盛りの頃で、洋楽器のボランティアは沢山いて、歌謡曲は飽きられている位でした。そこで私たちの口から出て来るのはというと、弟のピアノの弾き語りで、カーメンキャバレロの世界から飛び出した様なアレンジでの『秋田荷方節』そして・・『蝶よ〜ナア〜〜』とか・・私はと言うとギターの弾き語りで、『田舎なれどもサア〜〜』と唄うと、洋楽器で民謡を唄ったのが気を引いたのか・・兄ちゃん生まれはどこ・?と訪ねられ・・秋田と答えると・・私しゃ富山とか、福島だとか・・東京には東京の人しか居ないんだと思っていたので・・。考えて見ると自分も地方から出て来たのに・・。

ギターで引く民謡も悪くはないが・・やはり、心に沁み込んだ太棹の響きが、忘れていた里心をゆり動かし、
思い出したらもうたまらず・・それから楽器は迷わず津軽三味線のみと心に決めて、津軽三味線の第一人奏者である、五錦竜二氏のもとへ通いました。それからは仕事場と稽古場の行ったり来たりの日々が続きました・・。
太棹へのこだわりを・・・


      津軽じょんがら旧節(原田)
ハアー俺が人世
修行の舟と
三味に誓った
男に惚れて
五色雲見て
果てない旅よ    津軽小原節(望郷編・原田)
サーアーアー サアー サー
出したがアー ヨイーヤー
@ハアー里を離れて幾年ぞ 
 今じゃ都の人となり
 思いつのれどままならず
 いつか帰る日夢に見て
Aハアーりんご畑の番小屋で
 村の若い衆呼び集め
 よされ、じょんがら、小原節
 唄い過ごした日が恋し
Bハアー月の灯かりに眠られず
 霧の山川眼に浮かぶ
 萩や、桔梗に、女郎花
 盆の来るたび我を呼ぶ
  恋しい懐かし
   小原アーアー俺が里
 〜津軽小原節に幼年時代を過ごした故郷を描いて見ました・・。

故郷へのこだわり
   

故郷を離れてもう60年位になると思うのですが・・三つ子の魂百迄とかで・・東京暮らしの方が遥かに長いのに、未だに里の山川が目に浮かぶんですよネ〜・・。子供の頃、歩いた道が長く遠いなあと感じた事があったものでしたが・・。

真っ暗な夜道を小さな懐中電灯を手に親戚に用事を言いつけられて行った帰りに、でっかい『ほうき星』流れ星を見た事もあった・・。翌日の新聞に隕石落下と乗っていたと聞かされた事もあった・・。

川に行くと泳ぐのではなく、魚を捕まえる事に熱中したものでした。春は竹の子取取り、こごみ・わらび・ぜんまい・うど・うり・秋はきの子採り・栗拾い、天気の良い日はイナゴ取り・稲刈り・稲のはさがけと・。

朝の焚つけ用の枯れ木や杉の葉など取りに行くのは子供の仕事で、そのころは忙しいと思ただけでしたが・。山に杉の苗木の植えたので、下草狩りをしたり、夕方になると蜩が泣き日も早く沈むので、急に灯かりのある我が家が恋しくなって来たものでした。

『恋し懐かし我が家を離れ・・一人眺める峰の月』今は東京でこの歌詞の『津軽よされ節』を、懐かしく思いながら唄っています。                                
          何方にも故郷があって、思い出も沢山ある事でしょう。もの想う秋ですねぇ・・
なぜかいろいろ思い出されて秋の夜長を、気が付くと虫の鳴く音も時期が過ぎてもう晩秋と言うんですかね・・。

★うさぎおいし かの山、
 小鮒釣りし かの川
 夢は今も めぐりて
 忘れがたき 故郷

この懐かしい歌を皆さんは、それぞれの思い出を噛みしめて口ずさんでいる事でしょう。

私は何気なく過ごして来た日々を愛おしく思いなんとも言えない、新たに深い思いにもっと早く気が付けよ・・と自分に言い聞かせ全てに優しく接しなければと又、思いに更けてしまう・・。
   

                                         


shop info.店舗情報

津軽三味線教室(つとむ会)HP


TEL.090-2424-6900