長い眠りからそろそろ目を覚まして始めてみるかなぁ…。

我が国でもコロナウイルスが大型客船🚢や、北海道での観光客からと思わされる発生等から始まり、外出自粛の呼びかけがあり、これまでにあまり例のない事から対応もままならなかったのか、あっと言う間に一般の人から見ても何でこの状況で検査して貰えないんだ❓、こんな便利な時代なのに❓と皆さん思ったことでしょう。

非常事態宣言も出され毎日テレビの番組は朝から晩までコロナ・コロナと・感染者の数の報告から始まり対策の仕方等が番組の主流になった。三密(密閉・密集・密接)やマスク使用も私たちの間にも浸透して来た。3月から教室も休みにしました。毎年4月に行う『民謡の集い』稲城民謡連合会主催のイベントも役員会で中止の案を出したら、あちこちの大会も中止、中止とニュースになって、国や都での報道が更に身近な事となってしまった。

時はあれども動きはとれず、ひたすら慣れない手つきでマスクを作り、フェイスシールドも作ってみました。夏場を考えてマスクも生地についてテレビやネットから知恵を拝借・・。最近はテレビも(報道)2メートル離れたらマスクを外しても良い等・いろいろ結果がわかってきたようです。

今は非常事態宣言も解かれ、東京アラート解除となり、ステップ3も終了、これから各自の判断のもとにコロナと向き合う対策を行ってください。といった内容が報道されました。イベント等も全てokとの事から教室再開決定しました。

思えばあれから4ケ月、貴重な体験と言って片付けるには大きな問題が沢山あって・・学校も休校が続き、こんなに長い間の休みとなると、友だちとも話したいとか、皆んなはどうして居るか等の声も聞こえてきました。子供たちも普段ならもっと休みたいと思うだろうが、こんなに長い休みとなると今後の事等の心配になって来ているようです。学校もオンライン授業等が始まりました。話サラリーマンも職種によってはテラワーク等今後浸透するでしょう。私も、まずは少しずつ前に踏み出す事を決めました。会員さんからはLINEやメールなどで再会を約束していただいております。これからはむしろ更に身近に忍び寄って来るかも知れない事を気にかけながら、防御措置を心がけての生活をして行く様になることでしょう。