故郷実家の跡地を見に・・

6月末ごろに自分の実家(廃家)を見届けに行く予定・・。

★実家はもう廃家になっているが、墓を守っている姪っ子夫妻がいるので、墓参のついでに挨拶をして、本家の佐藤正一郎さんの家にも顔を出して挨拶をして、下唐松、上唐松の墓や、高瀬川や、唐松神社、回るのはレンタカーのつもりなので、軽井沢、仙道、板戸、松沢、坂ノ下、蒲生、鴻屋、田代、門前、など昔とどう変わったのか等をこの目でしっかり見て来たい。見たところでどうなるものでもないが、子供の頃の記憶が・・

見たところでどうにもなるわけではないが・・。

★子供のころの記憶が、あの山はどうなっているか・・田んぼはどうなっているか・・。幼いころの思い出とはこんなにも鮮明な記憶として残るものなのか・・。兄たちや、地域の子供たちと遊んだ記憶・・りんご畑の番小屋で、りんごの番をしたり、畑にまいた大根の芽を雀から守る番をしたり、畑の草むしりを言いつけられては、日中の暑いうちは番小屋で休んでいたり・・。

キノコ採りや魚釣り、民謡を唄いながら教えてくれた・・。

★キノコ採りはばあちゃんにおそわり、魚釣りは兄貴たちにおそわり、唄も兄たちの歌っているのをまねしては覚えた。短いとはいえ夏の暑い時は川に泳ぎに行った。いや、私は、魚を捕まえるのが趣味だった。川の向こうには当時は丸太の橋だった。萩、桔梗、女郎花、などお盆にはお墓に備えるもので良く取りに行った。盆踊りも西馬音内盆踊りは有名だが、当時は各地で盆踊りが賑やかだったので、西馬音内盆踊りまでは行ったことがなかった。乗り物もないしね・・。

山深い集落の朝は霧の深い日が多かった・・。

★夜は星空がきれいで、流れ星、太いほうき星を見た事もあった。今なら『何とか流星』などといわれ新聞に載ったりするでしょう。朝ドラで炭焼き風景を見ては、友人が炭焼きの手伝いをしているのを見た事もあったし、自分が唄う民謡の、津軽よされ節の一説に『空行く雲の色見ても、谷間流れる水見ても、秋の深さを思わせる、一人眺める峰の月』炭焼き暮らしの様子を唄った詩を思い出します。

盆踊りが盛んだったなぁ・・。

★農家の休みと言えば盆と正月位だった。それぞれの集落では盆踊りは楽しみの一つでした。唄の上手い人たちが歌い・・太鼓の上手い人はたたく・・。大人も子供も楽しんでいた。今風に言えば婚活の場でもあったのかもしれない・・。他の村から迄踊りに来ましたね・・。『ハアー唄え踊れよ、叩けよ太鼓よ、月の月の世界に届くまで』との歌声は今でも耳に残っています。遅くまで過ごしても・・それでも次の日は朝早くから草刈をしては、背負ってくるのを見ました。馬や牛の餌で、当時は貴重な戦力でした。だから馬小屋、牛小屋は自宅と続いておりました。『南部の曲がり屋』はいつも家畜には目配り出来る場所で、餌もいつでもあげられるからね・・。

兄たちはもういないし、知っている人も少ないし・・。

★今度の6月は私にとっても最後の帰郷の旅となる事と思います。首都圏羽後町会という会があり、羽後町出身者の集う場所が東京では毎年あり、自分さえ都合が付けば、開かれるその日に行けば雰囲気に浸る事はできます。しかし今回の旅は、自分の心に現在の故郷への思いを見て覚えて、現風景は原風景として・・昔の思いは心の奥にしまっておこうと考えています。『昭和は遠くなりにけり』から『平成も30年』も過ぎ今や『令和2年』です。地球温暖化で雪は少なくなり、野菜に影響が出る、米は取れる場所も少しずつ変わってきた。住みにくい世の中になっては来た様に思いますが・・残りの人生を楽しもうと思います・・。日本人の寿命は大分長くなっている。女子90才~男子80才は当たり前の時代です。昭和の苦難を過ごして来た人々よ・・・しぶとく生きて楽しもうではありませんか・・。

 

 

 

ブログ

西日の当たる家のベランダメダカ

我が家のベランダで飼っているメダカは、6月から始まった産卵が今も続いております・・。

この暑い時期はさすがに無理かと思っているのですがまだまだ続くようです・・。

よしずをかけて少しは日当たりを遮っているのですが、なにせ連日の30数度ごえの暑さです。

どの位生き延びていってくれるのかなぁ~・・。

我が家の玄関は天気の良い日は、朝日が当たり扉は暑くて触れない場合もありますが、午後1時頃のなるとベランダに日が回って来ます。富士山に沈む夕日は良く見れます。しかし、夏は暑さでベランダメダカには、ちょっと大変・・また、冬は寒さでちょっと大変・・。

夕方の雲がやはり秋を告げている・・。

 

何となく秋を思わせる雲になってきている・。

富士山初冠雪をもたらした日から数日後の今日とても良い天気が・・。

今日は天気が良くて日中は気温が上がった。ベランダめだかの冬越し準備の為、ベランダで一日中を過ごしたが頭に暑さを感じたくらいでした。

めだかハウスはプラ箱なので周りだけでもと思い、プチプチと更に上からダンボウルで囲みスダレで押さえてみました。今年の冬はこれで過ごしてもらおうと私なりにやってみました。

コーヒーを飲みながら夕方空を見上げると、秋を思わせるような雲が浮かんでおりました。いわし雲に近いような感じの雲にもなったり、飽きさせない様子に結局夕方まで過ごしました。

令和元年初の富士山冠雪です(10月23日)

令和元年富士山の初冠雪です。

連日の長雨に悩まされ、各地での被害のニュースが報道され心が沈む中で、唯一明るいニュースとしてラグビー日本チームの連勝報道がありました。今一知られていなかった一般の方々(私も含めて)に迄一揆に熱いフアンになってしまった・・という明るいニュースが飛び交った。被災地の方々にも力と勇気をもたらしてくれたのではないかと思ったくらいでした。最大級の台風が日本列島横断という事で、全国的に特別警戒警報が朝からテレビで報道がされました。

数日たってから、ふとベランダに出ると、雨上がりの天気が良く辺りの山々がクッキリ見えて、その中に一際目立つ真っ白く帽子をかぶった富士山が目に飛び込んできました。令和初の富士山の初雪でした。暫し時を忘れて見とれてしまいました。富士山はやはり雪が似合うなあアー・・。ベランダコーヒーを口にしながら・・。

少し前までは万年雪と称して多少残雪があった様な気がしました。最近は温暖化のせいか、見ることが出来ないなー・・。独り言を言いながら、どんどん上る毎に変わる富士山の景色にしばし見とれてしまいました。

ベランダ富士

我が家のベランダからの富士山です。雪の景色には北国育ちとしてはついパチリ・・富士はやっぱり日本一ですねー。遠方からの眺めなので大きな変化は分かりませんが、この時期はすっきりした姿を見せてくれるので、つい1枚・・私の子供の頃は秋田県なので、鳥海山が同じ様な姿だったので懐かしい心の風景とダブり何時も眺めています。