謹賀新年(ベランダ富士)

昨年はハワイでの演奏旅行に始まり、歌謡コンサートやボランティア、おさらい会と数多くのメニューをこなして参りました。

今年はどんな感じの出会いがありますか楽しみですね…。

 

今の時期は、日も弱いのですぐに寒くなりますね・・冷たい風に吹きとばされる木の葉もすでになく・・。もの思うこの時期は特に遠い昔の里での子供の頃に過ごした父母の事が思い出されます。正月を迎える為の準備に追われる様子が目に浮かびます。お供えの餅つきは当然の事、門松を立てるので山に木を伐りに行く事や・・今では遠い昔の思い出となり里の我が家も廃家となりました・・。すでに取壊されたとの事でした。

ジョヤサー ジョヤサーの祭りの掛け声が今も聞こえて来る様な気がします。私は三味線をやっているので民謡は生活の一部の様になっています。民謡は生活の唄なので歌詞はほとんど、仕事の様子を描いたものが多く、ふと我に返った時等は里を思い浮かべる事が多いのです。

いや~実は1週間位前に田舎の唐松神社(権現様)を夢にみたので・・。写真を撮ろうと思いシャッターを押す瞬間に『金の観音像』の姿が現れたんだ。70年もの間に故郷の夢は何度も見たが、ご神体かどうか等知る由もないのですが・・。夢よ忘れないでとばかりに目を開けずに暫く見続けたら、私の子供の頃どころか、数百年も前と思われる当時の、この地域を創造させる様な見渡す限りの古い木の切り株、木の根っこ、枝の様に張られた根っこの太さだけでも数百年以上もたつ、こぶの様な切り株が権現様の山の上から、この地域一面、見渡す限りに現れた・・遥か昔はこの地域はこの様な荒地だった・・と教えてもらった様な気がして・・。権現様の山の上からの景色で、この地域の荒れ放題とも思える様な夢を見たので・・この夢は忘れてはいけない・・何かを私に教えてくれているのではあないか・・?幸せな日々を過ごしている私に・・。

今この様な夢を見たのは、もう廃家となった故郷の実家で、ばあちゃん、親父にお袋さんや兄弟たちに囲まれながら育って来た自分や、幼き日の友達、当時の事が無償に思い出されるのも、私の父母は勿論の事、男兄弟は皆もう居ない・・。ポツンと穴が開いた様な気持ちがして、無性に里恋心が持ち上がってきているのかなどと思う・・。

子供の頃は夏休みの宿題をやるのは権現様(唐松神社)川遊びは高瀬川、きのこ、竹の子は近くの山々、盆踊りは小学校、村祭り(東北民謡や踊りツコ)の舞台が作られたのも唐松神社(権現様)でしたから・・。私がこの様な夢を見たのも、きっと幸せな時間を過ごせているので夢を見せてもらえたのかなア~と感謝、感謝・・。

我が家にご来客の七福神様達です。

新しい年を迎えるにあたり(4月頃には年号も変わる)これからの私の生き方に何かが変わるのかは、今はわからないが、きっとその様な時期も来る様な気がします。新年を迎えるにあたり等と考えた事もなかったのですが・・。平成も終わりに近くなり、年号がどの様な名称に変わるか等と思えば、数日後に聞く今年の除夜の鐘の音も又格別に感じるかなア~・・。

 

 

コメントを残す